ワンセグ携帯NHK受信料 【速報】 会長「調べるなんて無理」総務省の要請に反論

2

9月8日の定例会見でNHK会長の籾井勝人氏はさいたま地裁が出した

「ワンセグ携帯は設置には当たるとは言えず契約の義務は無い」

という一審判決と総務省が行なった受信料徴収の実体調査の要請や見直しに対し

「ワンセグ携帯にも支払い義務はある」「ワンセグ契約の数を調べるのは無理」

などの発言を行なったらしいです。

2

画像引用元:http://sumaresu.hateblo.jp/entry/2016/09/04/084343

いやいやいやw おかしいやろw

じゃあ今までNHKという集団は自ら契約の実体はよう分からんけど片っ端から契約だけさせていってましたと自ら言ってるようなもんなんじゃないですかね?w

とりあえずNHK受信料問題に関して話題になったのにはキチンと行動している人がいますので知らない方は以下の記事をどうぞ

立花 孝志氏 NHKに勝利!? 【携帯ワンセグに契約の義務なし】の判決

スポンサーリンク

■ワンセグ携帯NHK受信料問題とは?

先月、NHKから国民を守る党の現役市議会議員の方が自己訴訟(弁護士を付けない訴訟)をNHKに対して行なっていた民事裁判で判決が出ました。

争点になったのは放送法64条の第1項「放送を受信出来る設備を設置した者」はNHKと契約を結ぶ義務があるという所なんですけど、放送を受信出来る設備(今回の問題で言えばワンセグ携帯)が

設置にあたるのかどうかが、1番大きな分かれ道だったわけですね。

3

さいたま地方裁判所の判決では冒頭でも紹介したようにワンセグ携帯の所持を受信機の”設置”と同じように解釈するのには無理があるという意味で「契約の義務はない」という一審の判決になった訳です。

で、この判決が出た翌日に総務大臣(NHKが主張する放送法の認可などを行なっているのは総務省なので)が会見で「ワンセグにも支払い義務はある」というような会見発言をしてました。

がしかし、たった数日で態度が180度変わって総務省の方針としてNHKに対して

ワンセグ携帯の契約の実体の調査や料金の見直しなどを図る要請を出した訳です。

ここまでが冒頭までの流れ。

つまり、裁判所で契約しなくていいという判決が出て一度は大臣もその判決に対して異論とまでは言わないもののNHKを擁護するような発言をしていたんですが、すぐに方針を変えてNHKに対して要請を出しました。

で、今回はその要請を受けてNHKの会長自身が

「ワンセグ携帯にも支払い義務はある」「ワンセグ契約の数を調べるのは無理」

と記者会見で話したんですね。これはもうある意味お祭りですよ。

■何が問題なのか?

こっから個人的な意見ね。

まだ一審判決なのでワンセグ携帯に対しての契約義務に関しては1000歩譲ってしょうがない

けどワンセグ契約の数を調べられないってそんないい加減な話ありますか?w

NHKは確かに物凄い数の家庭と契約してると思うんですけど、

それに匹敵する契約を結んでる企業って結構あるんですよ。

それこそ問題になってるワンセグ携帯を販売してる携帯キャリアとか、ネット回線、NTTなんかも凄い数だと思うんですけど契約内容なんて確実に把握してるじゃないですか?契約内容忘れてて徴収わすれました。テヘなんて絶対言わないですよね?

それが放送法という規約まで設けられたNHKという会社では契約数の把握が出来ないってどんだけザルなんですか??

■国産携帯がドンドン売れなくなる

問題としてはそれだけじゃなくて携帯電話というものの流通にも関わってくるんですよね。

僕はiPhoneなのでワンセグ機能はありません。契約はテレビでやってます。

けど国産メーカーの携帯とか最近ではデジカメなんかにもワンセグ機能ってほとんど付いてるんですよ。

1

そもそも言い方は悪いですけど、携帯電話でも金出せよとか言ってるNHKとか大嫌いなんですけど

それ以上に国内の携帯メーカーは困惑しますよね。たぶん携帯電話作ってる会社は今回の問題でNHK大っ嫌いになるんじゃないかなw

まあ色々と問題はあるわけですが、判決が一審とはいえど出たんですからちゃんと総務省の要請に対応していただきたいですねNHKには。

もっとこの話題はいろんな人が知るべきだし、知っておかないといけないと思いますね~。

もっともっと詳しく知りたい方はYOUTUBEで「立花 孝志」と検索するか、「NHKから国民を守る党」で調べてみましょう。

基本的に政治問題とかは取り上げる気はなかったんですけど、このNHK受信料問題に関しては今後も見守りながら記事にしてゆく所存です。