一橋生が犠牲になった南米コロンビアのメデジンはどんな街?

1

2016年11月19日付けで目に入ったNEWSですが

コロンビアに滞在していた一橋大学の学生、井崎亮さんが強盗殺人事件の被害者となりました。

関係者の皆様にはご冥福をお祈り致します。

今回、この事件でネットコメンテーターなどが挙げるキーワードに

ブログから【旅慣れ】だのなんだのと現地事情を全く知らないかのような意図不明の発言が多すぎるので、現場となったコロンビアのメデジンという街について少し紹介しようと思う。

南米のコロンビア第二の都市と言われるメデジンではあるが、実は70年代~80年代にかけて国を揺るがしかねない人物達を排出した街でもある。

それらの集合体は”メデジン・カルテル”と呼ばれた世界最大規模の麻薬組織であった。

スポンサーリンク

麻薬王パブロ・エスコバルの本拠地

2

パブロ・エスコバル 1949年12月1日 – 1993年12月2日

メデジン・カルテルのリーダーにしてフォーブス誌の富豪番付にも載るような男だったパブロ・エスコバル。元々、メデジンは貧困が蔓延していた地域であり、いくつかの麻薬カルテルが数を連ねていた。

しかし、とある事件をキッカケにパブロ・エスコバルがリーダーシップをとるようになる。

パブロ・エスコバルは麻薬との関係を公式には認めないまま、”事業家”として政界にも出ていたし、多くのボランティア活動も行っている。

例えば活気のなかったメデジンにサッカースタジアムを設立したり、家のない人間達のために家を建てていった。もちろん、政治家や警察なども多数抱き込んでいたというのが事実ではある。

これらを可能にしていたのが、世界のコカインの4分の3を占めるとまで言われた圧倒的な収入だった。不当に儲かりすぎたこの金は隠すところがなくなり、土の中などにも埋めたと言われている。

しかもそれらのいくつかはネズミなどの被害に合って使い物にならなかったという。

どこかで見た話では月にかかる札束をまとめる輪ゴムの代金だけで30万円ほどかかったそうだ。

いかにメデジン・カルテルが規格外な規模だったのかがわかるエピソードである。

また、仲間に対しては非常に情が熱かったとも言われるが、敵対する人間は大統領候補であろうと暗殺してしまうほどの人間でもあった。

一説によれば彼の指令で犠牲になった人間は1000を超えると言われている。

1993年に死去

パブロ・エスコバルを含むメデジン・カルテルの躍進はものすごい勢いではあったが、彼は政治家になるさいに裏金をケチって一部の政治家しか抱き込まなかったというのが、崩壊の原因だとドキュメンタリーでは語られていた。

その後、メデジン市内の隠れ家に潜伏しつつ家族を外国へと亡命させようと試みたものの、ドイツにその入国を阻まれ1993年、12月2日に隠れ家の屋根の上で射殺された。

政府と戦争をするとまで言っていたパブロ・エスコバルはこうして亡くなった。

日本とは貧困の定義が違う

上記で紹介したパブロ・エスコバルの時代、メデジンは本当に貧しい街だったと言われている。

そもそも家がないことは当たり前のような人々が多く、当然ながら職も教育も得られないという環境だった。そこでメデジンのカルテルはどんな貧困層の人間でも雇い、金を払い、米国へのコカインの密輸人に仕立てたのだ。

日本でも昨今は貧困、格差是正は言われているし、実際に潜在的貧困層というものは非常に多い(ちなみに言えば管理人自身の家庭も貧困層であることは間違いない。もちろん親世代からずっとである)

しかし日本という国の真相までは知らないが、表面上は息をしている。思春期に一家離散を経験した管理人でもこうやってパソコンを持ち生きているというだけでその違いは明らかに明白なのだ。

彼らの国の貧困とは常に”死”がつきまとうものだ。

パブロ・エスコバルの時代(93年)から現在2016年ではたった23年しか経っていない。

例えばだが、その当時カルテルに身をおいていた親を持つ世代は今でもおそらく貧困が解決していない筈である。

殺人事件の発生率は今なお日本の70倍

人口10万辺りに対する殺人事件の発生率は2016年となった今も日本の70倍という数字が出ている。

メデジン・カルテルが崩壊してもコロンビア、メデジンという街は先進国のそれとは全く違うのだ。

今回の学生が目的としていた志は非常に立派であるが、外務省による渡航に対する危険度評価はかなり低かったそうだ。

学生の身、特に一橋のような一流大学生で、その目的が発展途上国を見て回ることであれば渡航にさいしてその国を調べるのは当然だと思う。

しかし、実際に日本の70倍もの殺人がおこる国を外務省の危険度は低いと判断していた訳だ。

これをどう受け取るかは、個人の自由ではあるが、少なくとも今回の事件において本当の加害者は強盗殺人を行なった犯人だけではないと管理人は思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする